フラット35審査併せ融資を比較!審査通るのは?

フラット35の審査では、雇用形態や年収の規制が緩やかになっています。
ただし、10割融資を申し込んだとしても、諸経費分の金額は自己資金となります。
では、自己資金が無ければフラット35を利用しての住宅購入は出来ないのでしょうか。
実は、併せ融資という方法があります。
住宅購入に必要な資金はフラット35でローンを組み、必要経費の部分は他のローンでまかなうといった方法です。
また、フラット35は借り入れ額が9割と10割では金利が違ってきますし、フラット35Sでの申し込みとなれば9割融資となりますから、自己資金がより多く必要になります。
こうした場合にも、足りない自己資金をフラット35意外に求める併せ融資を利用することで、より、フラット35が利用しやすくなるのです。