安いウィッグは欠陥商品!?激安商品は粗悪品?

近年、「格安」「特価」「激安」と言う謳い文句で販売されているウィッグがありますよね。
また以前よりも増えてきましたよね。
相場価格と差がある商品には、粗悪な物が多いと言えます。
これについては、様々な分野においても言える事ですよね。
また、そんなイメージがありますよね。
あと、あまりにも安いと、どうしても身構えてしまうと思います。
しかし、ウィッグについては、必ずしも安かろう悪かろうとは言えない事情があります。
目的により製造過程、素材が大きく異なると言う点ですね。
そんな宣伝の問題があります。
製造過程、素材については、ファッション用の様な外見重視の商品は安く作ることが出来ます。
そんな一面があります。
問題と言うのは、宣伝の為の格安販売になります。
宣伝と言うのは、簡単に言うとテレビCMをはじめとした商品のアピールと言うことになります。
テレビCMを頻繁に流している大手メーカーと言うのは、宣伝費にコストが掛かります。
そのため、商品の価格も高くなりがちですよね。
その一方で、あまり宣伝をしていないメーカーと言うのは、コストが抑えられます。
そのため、格安での購入が出来ます。
ただ、大々的に宣伝をすると言う事は、それだけ品質に対して自信がある証拠とも言えます。
宣伝をしないメーカーの中には、粗悪品である事を隠すために宣伝をしないと言う所もあるかもしれませんね。
(汗)