実証的には早いはずの光回線が安定しない理由は?

論理的には早い光回線が安定しない根拠の一つとして、光回線は近くの住居やマンションの内部などで回線を分けているので、通信量が多い住人がいる場所では遅くなるケースがあります。
使用する人が多い週末や夜などの時間帯に段違いで遅くなってしまい、定まらない場合はこの可能性がありますよ!ソフトバンク系列の安い通信会社も同様に、中途解約する際に、違約金がかかってしまうのか気になります。
これ自体は、ワイモバイル契約時のプランによって異なるようです。
契約内容により2年未満か3年未満の解約で9500円の解除料金がかかってきます。
契約する場合には、きちんと説明を聞いてにプランを選んだ方がよさそうです。
プロバイダは無数にあり、選択方法もいろいろですからね!フレッツ光プロバイダーをお得に契約したいものです。
と言っても、キャッシュバックキャンペーンがあったり、数か月使用料が無料だったり、月々のフレッツ光の費用が安いところにすぐ決定するのはやめた方が良いでしょう。
ネットを使う用途にもよりますが、通信スピード、安定性等を重視して選んだ方が良いでしょう。